« アイスランドからの復興支援に感謝するパネル展開催 | トップページ | 2013も男女平等世界一のアイスランド(国際男女格差レポート) »

アイスランドの渡り鳥、パフィンの2013年の夏

Gaman að sjá þig aftur! (またあえてうれしいです!)やっぱりパフィンの話題で久しぶりのアイスランド便りを始めましょう

パフィンの営巣 好調の北と不調の南

世界最大のパフィンの営巣地で1000万カップルが飛来する南アイスランドの島、ヴェストマンエイヤルでは、巣穴のうち雛が孵ったのはたった4%で、すべて巣立ってもほんの数百羽であるが、ほぼ絶望と見られる。

ほとんどの巣穴はえさが少なかった7月に放棄されたものと見られる。えさとなるイカナゴの減少で、この島のパフィンの営巣は9年間に渡って失敗している。温暖化の影響なのか、アイスランドの南のほうでは近年えさとなるイカナゴが減少したり、時期がずれたりで、子育てが難しくなっている。

一方北は好調で、北部フィヨルドのある島では今年帰巣率91%という新記録がでている。パフィンは一生にわたって同じパートナーで同じ巣穴に帰ってきて一年に一羽孵化させて子育てをするという。

パフィンは大食漢

Puffin_with_fishパフィンは大食漢だ。体重の5割食べないと正常な機能を維持できない。それが子育ての時には雛にもえさを運ばなければならない。

パフィンは神様のいたずらで、飛行のみならず水中の遊泳を可能にするために、翼が体の割りに小さくて、空を飛ぶのは至難の業。 だから時速80キロの速さで飛び、羽ばたく速度は毎秒300~400回、遠くからでもよくわかる。そりゃカロリーの消耗も激しいしょう。さらにそんな羽だから離着陸が苦手で、巣穴と海を往復する子育てシーズンには、どれほどお腹がすくだろうか。

パフィンは類まれなスイマーで、魚かと思うようなスピードですいすい泳ぐ。だからえさになる魚さえいれば漁は苦ではないようだ。おまけにとても器用で、いっぺんにたくさんの魚をくちばしの間にきれいに並べてはさんで運ぶことができる。通常4匹から20匹だが、64匹運んだという記録がある。

パフィンが伝説の鳥にならないように切に願っている。

|
|

« アイスランドからの復興支援に感謝するパネル展開催 | トップページ | 2013も男女平等世界一のアイスランド(国際男女格差レポート) »

アイスランドの生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/53392323

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランドの渡り鳥、パフィンの2013年の夏:

« アイスランドからの復興支援に感謝するパネル展開催 | トップページ | 2013も男女平等世界一のアイスランド(国際男女格差レポート) »