« 祝『小笠原諸島』『平泉』世界遺産登録とアイスランドの世界遺産 | トップページ | 次の噴火はカトラかヘクラか、はたまた・・・アイスランドの火山は熱い »

アイスランド、ヘクラ火山は短気な火山。噴火は近い?

ヘクラ(Hekla)火山周辺のセンサーが異常を感知しているとの一報が入ったのが7月6日12時ごろ(日本時間で7月6日21時ごろ)。おニューのセンサーがとてもよく反応しているようです。これが火山の予兆ではないかと世界を騒がせているようです。

Hekla

ヘクラ火山は、昨年噴火して航空網を麻痺させたエイヤフィヤトラヨークトル火山の北に位置し、中世には「地獄の門」と恐れられてきたアイスランドの火山で、ここのところほぼ10年おきに噴火するアイスランドでももっとも活発な火山です。

この火山は通常、噴火の予兆から噴火までが短い火山で、前回の2000年の噴火にはマグマ噴出のほんの1時間半前に地震が観測されています。(1970年のときはたった25分前)もし今回の異常計測が予兆だとすると、これは最も長い前触れであるとのこと。

ヘクラ山では18回の噴火が推測されていますが、いくつかは甚大な被害をもたらした巨大な噴火だったようです。

1510年の噴火は相当強烈で、火山弾が40キロはなれたところまで飛んでいます。1693年の噴火は7ヶ月続き、とてつもない量の火山灰が降り注ぎ火山泥流や津波まで引き起こし、たくさんの家畜や、サケ、マス、ライチョウなど多くの野生動物が犠牲になりました。また細かい火山灰はノルウェーまで到達しています。そして1766年の噴火にいたっては2年にわたって続き、多くの家畜や魚が死に、噴火によって最大50センチの火山弾が15キロ20キロ先まで噴出し、解けた斜面の雪が洪水を引き起こしています。

脅してどうする。

前の噴火からはや11年。いつ噴火してもおかしくありません。噴火するものは噴火するのです。時間と規模の問題ですね。

どうぞ、お手柔らかに。

|
|

« 祝『小笠原諸島』『平泉』世界遺産登録とアイスランドの世界遺産 | トップページ | 次の噴火はカトラかヘクラか、はたまた・・・アイスランドの火山は熱い »

Icelandニュース」カテゴリの記事

アイスランド火山情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/40715620

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランド、ヘクラ火山は短気な火山。噴火は近い?:

« 祝『小笠原諸島』『平泉』世界遺産登録とアイスランドの世界遺産 | トップページ | 次の噴火はカトラかヘクラか、はたまた・・・アイスランドの火山は熱い »