« アイスランド・シープドッグ~朗らかで忠実なアイスランドの犬 | トップページ | アイスランド国民は日本の皆さんとともに »

アイスランド国際危機対応隊、日本の大地震救援要請に応答体制

2時46分発生した地震。我が家も22時近くまで停電が続き、駅の公衆電話まで会社に足止めされている主人や親戚に連絡をとりにいきました。ハイチは、ニュージーランドは、阪神淡路大震災のときは、みんなもっともっと不安だったのだろう、と思い巡らす時間をすごしました。ようやくテレビをつけるとだんだんと被害が明らかになってきています。

Icesar_logo アイスランドではどこよりも早くハイチに駆けつけたICE-SARの国際捜索救助隊(国際危機対応ユニット)が朝8:05、日本時間16:05に救援要請に備え監視体制に入ったとのニュースがIceland Reviewに掲載されていました。

世界的レベルで48の国際危機対応ユニットが要請に応える用意があるとのこと。

ICE-SARは出動要請が発令されれば4時間以内に準備をして15時間で急行するといいます。

日本アイスランド協会では150万円以上の火山噴火災害義捐金が集まり、アイスランド大使館経由でこのICE-SARの火山周辺の部隊に送られています。ここでつながるとは思わなかったけど、世界は一つだと、改めて感じます。

まだまだ余震が続いています。被災地の皆さんの安全をお祈りしています。110312earthquake_kesennuma  津波の後、気仙沼市で起きた火災。がんばれ・・・

|
|

« アイスランド・シープドッグ~朗らかで忠実なアイスランドの犬 | トップページ | アイスランド国民は日本の皆さんとともに »

Icelandニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/39195487

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランド国際危機対応隊、日本の大地震救援要請に応答体制:

« アイスランド・シープドッグ~朗らかで忠実なアイスランドの犬 | トップページ | アイスランド国民は日本の皆さんとともに »