« 新年おめでとう(Gleðlegt Nýtt Ár!) | トップページ | アイスランド・シープドッグ~朗らかで忠実なアイスランドの犬 »

<永久保存版>アイスランドの正しい年末年始の過ごし方

2011年が明けました。日本のお正月は1月11日の鏡開きで終わった感がありますが、私的にはこれを書かないうちに年末年始が終わらないので、ためておいたアイスランドの年末年始の風物詩とグルメ特集です。

アイスランドの年末年始は12月12日からアイスランドの13人のサンタといわれるヨーラスベイナル(クリスマスの13人衆)が山から下りてきて、24日に勢ぞろいし、25日から一人ずつ山に帰って行き、最後の一人が帰るのが1月6日ということで、1月6日に正式にホリデーシーズン(年末年始のお祭り)の終わりとなります。このころのもっともポピュラーな年末年始の過ごし方を復習してみました。Shine_gwindow

12月11日 
寝る前に窓辺に靴を置いておく日。

12月12日 
アイスランドではこの日からクリスマスイブにかけて13人のサンタが1人ずつ町にやってきて、朝子供の素行の良し悪しに応じてプレゼントまたはジャガイモを靴に入れていきます。やってくるサンタは毎日決まっていて、決まったいたずらをします。(詳しい説明はこちらこちら

Laufabraud_photoクリスマスまでにリーフブレッド(laufabrauð)(写真)という小麦粉を向こうが見えるほど薄く丸く伸ばしてナイフで模様を入れた揚げパンをたくさん、一家総出で作ります。 

12月23日 
聖ソルラオクルの日(Þorláksmessudagur) 1193年に他界したカソリック司祭で1985年にアイスランドの守護聖人として法王に認められたソルラオクル(Þorlákur Þórhallsson)の命日。
12月23日のご馳走(?)熟成エイを食べる。住宅地が熟成(腐った)エイのアンモニア臭で満たされる。エイは茹で、茹でたジャガイモと一緒に羊の背油またはバターをかけていただきます
買い物がまだ終わらないところはクリスマスショッピングの仕上げをする。夜11時までお店が開いているのでご飯を食べてから出かけても安心。目抜き通りでは聖歌隊やブラスバンドが辻に立ってクリスマスキャロルの演奏をし、クリスマスの雰囲気を演出。だいたいすっごく寒い。

12月24日 クリスマスイブ
ランチはライスプディングミルクでご飯を甘く煮てシナモンをかけていただく。アーモンドを一個隠して、アーモンドが自分の器に入っていた人はラッキー。
シーツをきれいなものと取替え、ゆっくりとお風呂に入り、ドレスアップします。アイスランドのクリスマスは12月24日の夜6時に始まります。その前に亡くなった方を訪ねてお墓参りをしてキャンドルをともし、敬虔なクリスチャンは(急に敬虔なクリスチャンが増えるのだが)教会でミサに参加してクリスマスを迎えます。
クリスマスディナーは燻製豚。(貧しかったころは雷鳥が伝統でしたが)。モルトという茶色の麦芽ソーダをオレンジソーダで割ったクリスマスドリンクJólaöl(ヨーラ オル)を飲みます。
How_to_make_jolaol_2 Jólaöl このごろではすでにミックスされたドリンクが出ているようです

ご馳走のあとはツリーの下に集めておいたプレゼントを開き、クリスマスカードをあけます。
アイスランドではよく本をクリスマスのプレゼントに贈ります。新しい本を手にさっぱりしたベッドに滑り込む、いいですねぇ。

12月25日 クリスマス
日本のお正月のように親戚が一堂に会し、お昼を食べます。リーフブレッド(laufbrauð ろいふぁ ぶろいず)ハンギキョット(燻製ラム肉)をいただきます。

12月26日 
ゆったりと残り物を食べて昼を過ごし、夜はお魚料理のような軽い食事を取ります。

12月27日 
平日なら何事もなかったかのように大人たちは仕事に出かけます。

12月31日 ニューイヤーイブ
焚き火を炊いていらなくなった椅子などを燃やし1年の厄払いをします。この焚き火にはエルフやトロールやクリスマスのサンタも参加することがありますが、間違えてもエルフやトロールについていかないように。
ディナーはクリスマスイブのように燻製豚や雷鳥などを家族や親戚が集まって食べ、その後は国民のほとんどが、1年を振り返るコメディーショー「Áramótaskaupið(あうら もうたすこいぴず)」でテレビの前に釘付けになります。

1986 1986年の番組はレーガンゴルバチョフ会談が行われた建物から始まる

地元消防団(ボランティアの捜査救助隊)が売る花火を買っておいて夜を待ち、そして真夜中の0時と同時に町中いたるところで花火が上がり、大人はシャンパンで乾杯します。
ちなみにアイスランド語で乾杯は「Skál (スカォル)!」
真夜中過ぎると若者は家を出て友達に会って飲み歩いたりパーティをしたりします。

1月1日 
たいてい昼ごろまでごろごろしています。夜は家族で食べることが多く軽めのサーモンなどをいただきます。

1月3日 
楽しかったクリスマス休暇はおしまい。仕事に出かけます。

1月6日 
クリスマスの公式的最終日。Threttándinn(十三日目)というこの日は最後のサンタが山に帰っていきます。この日も焚き火をしてクリスマスシーズンの終わりを惜しみます。
この日は大晦日同様に超常現象が起こる日として知られていて、エルフやトロールなどが出没し、牛がしゃべったり、時にはあざらしが皮を脱いで陸を歩き回ります。あまり関わらないほうが身のためだといわれています。気がふれたり別の世界に連れて行かれたりしますので。

今年も始まりました。
皆様にとって幸多き一年となりますように。

|
|

« 新年おめでとう(Gleðlegt Nýtt Ár!) | トップページ | アイスランド・シープドッグ~朗らかで忠実なアイスランドの犬 »

アイスランドってどんな国?」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/38450351

この記事へのトラックバック一覧です: <永久保存版>アイスランドの正しい年末年始の過ごし方:

« 新年おめでとう(Gleðlegt Nýtt Ár!) | トップページ | アイスランド・シープドッグ~朗らかで忠実なアイスランドの犬 »