« アイスランド火山、Time2010年流行語トップ10入り | トップページ | <永久保存版>アイスランドの正しい年末年始の過ごし方 »

新年おめでとう(Gleðlegt Nýtt Ár!)

アイスランドにもまもなく新年が訪れます。日本より8時間遅く。0時とともに花火が方々で派手に上がりとってもにぎやかです。数日前のIceland Reviewで、「アイスランド人は田舎のコッテージで過ごす人も多い。・・・ここでは打ち上げたロケット花火を最後まで見届けることができる・・・。」という記事があったけど、振り返るととっても気になる。

これってロケット花火の行方がわからなくても、人々は勝手に花火を上げているということなのかしら? 確かにアイスランドは自己責任の考えはとてもしっかりしてますからねぇ。(柵のない滝つぼとか火傷するゲイシル間欠泉地帯とか噴火したてのハイキングコースとか)心配しなくてよいでしょう。

この花火はICE-SAR(アイスランド捜索救助隊)によって販売されていて、ここの重要な経済活動になっているとか。一番よく売れる花火セットは7000クローナ(約5000円くらい)から15000クローナ(約11000円くらい)のもので、これより安いものも高いものもあるそうです。

やっぱりこのICE-SAR、ほんとうにボランティアでやってるんですねぇ。今年はハイチで活躍もしました!支援したい方はまだ間に合いますからどうぞお求めください。

それでは除夜の鐘を聞きながら、アイスランドの派手な年越しに思いをはせ・・・新年おめでとう!Gleðlegt Nýtt Ár! (クレーディレグッ ニーッタウル)

2011_newyear_paffinthingve      我が家の酉年の年賀状でしたが・・・

|
|

« アイスランド火山、Time2010年流行語トップ10入り | トップページ | <永久保存版>アイスランドの正しい年末年始の過ごし方 »

アイスランドってどんな国?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/38289038

この記事へのトラックバック一覧です: 新年おめでとう(Gleðlegt Nýtt Ár!):

« アイスランド火山、Time2010年流行語トップ10入り | トップページ | <永久保存版>アイスランドの正しい年末年始の過ごし方 »