« アイスランドが報道の自由と透明性の聖地に(IcelandReview) | トップページ | 羊のイスラム式食肉処理がアイスランドで始まる(IcelandReview) »

羊の駆り集め、アイスランド全土で始まる

毎年9月最初の週末から10月の最初の週末まで、年に一度の羊の駆り集め(Réttirリエッティルがアイスランド全土で行われます。

アイスランドでは春に子羊が生まれると、牧場主は羊の群れを山に追いたて放牧し、そこで羊たちを野生動物のようにひと夏を過ごさせます。

そして秋になると近隣の牧場主が羊飼いを集めてチームを作り、馬に乗って山に向かい羊を集めます。群れから離れ岩陰やクレバスに隠れたり、山の斜面に取り残されたりしている羊もいるので、集めるのには丸一日がかり。羊たちがふもとに集まってくるとまとめて柵に追い込み、翌日は家族総出で自分たちの羊にまたがったり引っ張ったりして、各農場ごとの柵に羊を分類します。その様子は昨今は観光の目玉にもなっているとのことです。

Roundup     アイスランド大使館ご提供の写真集より

アイスランドの羊は入植以来隔離されたため、他の様々な家畜と同様にアイスランド独特の種となり、現在保護されています。アイスランド・シープドッグも耳が尖って尻尾がくるんと丸まったアイスランド固有の種。そのお話はまた後の機会に。

さて、羊は集められると品定めをされ、繁殖の為に残すものと、食肉加工するものに分類されます。ほとんどのものは食肉加工に。肉はロースト、ホットドッグ、ラムチョップ、スープ用肉、フィレ、hangikjötハンギキョット(燻製ラム肉)、sláturスラウトゥル(レバーやブラッドソーセージ)、sviðスヴィズ(羊頭の炙り)に加工され、アイスランドのご馳走となります。

このシーズンはみぞれが降ったりブリザードになったりすることもあり、いつもの年は駆り集めはけして楽な作業ではありません。でも今年は温かく天候にも恵まれ順調に進んでいるとのことです。

Sheep        一家総出の一大イベント。9月の週末のシャッターチャンス

|
|

« アイスランドが報道の自由と透明性の聖地に(IcelandReview) | トップページ | 羊のイスラム式食肉処理がアイスランドで始まる(IcelandReview) »

Icelandニュース」カテゴリの記事

アイスランドってどんな国?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/36780830

この記事へのトラックバック一覧です: 羊の駆り集め、アイスランド全土で始まる:

« アイスランドが報道の自由と透明性の聖地に(IcelandReview) | トップページ | 羊のイスラム式食肉処理がアイスランドで始まる(IcelandReview) »