« 火山活動続くアイスランドに極アジサシ夏を告げる | トップページ | アイスランド火山情報~再び火山灰を吹き上げるEyjafjallajökull火山(IcelandReview) »

アイスランド男性が誇る世界一の生存率(世界最低の早死に率)

アイスランドの男性は世界で最も生存率が高いことが先週の英国医学雑誌The Lancetが発表した新しい調査の結果から判明。女性で最も高いのはキプロス。

この調査は3889にも上る世界187カ国の1970年から2010年の人口調査や世帯の死亡に関するデータを元に、15歳から59歳までの死亡率(45q15と呼ぶ)、言い換えれば「早死に率」を導き出したもの。(ワシントン大学付属健康評価指標と調査研究所 Institute for Health Metrics and Evaluation所長クリストファー・マレー医学博士らによる)アイスランド男性の45q15は1000人中65人(誤差61-70)。

死亡率というか、死亡リスクというのか、それとも生存率で表現するべきか迷うのですが、要するに「早死にする確率」というのがいちばん適切かと思います。

男性の早死に率が低い国2位スウェーデン3位マルタ4位オランダ5位スイスが続く。逆に早死に率が高い国は男性ではスワジランド、女性ではザンビア。早死に率が格段に高くなった国々は東ヨーロッパや元ソ連邦国家で、ソビエト崩壊後の健康管理体制の瓦解と喫煙の蔓延にあるのではないかと見られています。

アイスランドの男性は、水も空気も美味しい国で、温泉プールに行って温水ポットに浸かち、時に政治談議に花咲かせ愚痴の少しもこぼして、清清しい気持ちでのんびり過ごすのがいいのでしょうか。

この調査結果は4月30日に発表されたものですが、成人の死亡率というのはまだ関心が薄いようで、日本のデータやアイスランド女性のデータは見つけられませんでした。

0790902reykjavik1gif高齢者向けの住宅の建設ラッシュ(07年レイキャビクの海岸沿い)

で、ちなみにこの調査はビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation、B&MGF)の基金によって実施されてます。

|
|

« 火山活動続くアイスランドに極アジサシ夏を告げる | トップページ | アイスランド火山情報~再び火山灰を吹き上げるEyjafjallajökull火山(IcelandReview) »

Icelandニュース」カテゴリの記事

アイスランドってどんな国?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/34513653

この記事へのトラックバック一覧です: アイスランド男性が誇る世界一の生存率(世界最低の早死に率):

« 火山活動続くアイスランドに極アジサシ夏を告げる | トップページ | アイスランド火山情報~再び火山灰を吹き上げるEyjafjallajökull火山(IcelandReview) »