« アイスランドのGDPに影を落とす景気後退(IcelandReview) | トップページ | 13人のサンタクロース Jólasveinarnir(前編) »

冬至~アイスランドで一番短い日

アイスランドでは昨日12月21日は冬至。一年で一番日が短い日でした。冬の日が短く、暗いアイスランドにとっては、この日を境に日はどんどん長くなるので、気分はとてもうれしい日です。IcelandReviewの21日の記事より紹介します。

2009年12月21日(本日)は太陽が遠く南にある一年で一番日が短い日です。冬至点は午後5時47分、それからは太陽は北に向って動き始め、日が再び長くなっていきます。明日は今日より9秒日が長くなりますTomorrow the day will be nine seconds longer than today・・・なんで9秒かよくわからないんですけど・・・)

一年で一番短い日は、たった4時間9分です。これが明日以降は、一番長くなる6月の夏至の21時間まで長くなるのです。

21日の日の出/日の入り時間

レイキャビク  午前11:22/午後3:30 地図R)

イサフィヨルド 午前12:09/午後2:53 (ウエストフィヨルド北部 地図I

シグルフィヨルド 午前11:54/午後3:34(←たぶん2:34・・・) (北アイスランド 地図S

デューピボーグル 午前11:01/午後2:50 (東部アイスランド 地図D

Iswintersolstice

古いノルド信仰を守っている、アウサトゥルーア同盟(日本の神道みたいなところ)では、本日アイスランドのあちこちで冬至のお祝いのセレモニーを行います。

レイキャビクではオスキュフリーズ(レイキャビクの丘パールの裾野あたりでしょうか・・・)で午後6時に地元のクリスマス(Yule)のお祝いの式典がはじまり、子供たちのために光のお祭り、夜の宴会まで続きます。

アイスランドの一番短い日は過ぎますが、アイスランドの一番(気分的に)暗い日は1月のクリスマスが終わってからやってきます。クリスマスは明るかったのでねぇ・・・日照時間のせいか、「うつ」の人にはちょっと応える時期ですね。そういえば今年の「やかん・なべ革命」は一月末から二月でしたねぇ。

でも日はとにかく長くて、明るくなります。アイスランドの皆さん、がんばってくださいね~。

(アクセスしてくださったみなさん。ご無沙汰してごめんなさい。風邪には気をつけましょうね)

|
|

« アイスランドのGDPに影を落とす景気後退(IcelandReview) | トップページ | 13人のサンタクロース Jólasveinarnir(前編) »

Icelandニュース」カテゴリの記事

アイスランドってどんな国?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/32695900

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至~アイスランドで一番短い日:

« アイスランドのGDPに影を落とす景気後退(IcelandReview) | トップページ | 13人のサンタクロース Jólasveinarnir(前編) »