« 13人のサンタクロース(後編)そしてGleiðileg jól  | トップページ | Gleðilegt Nýtt Ár! (新年おめでとう!)しかしIcesaveが・・・ »

2009年歴史的出生率を記録(IcelandReview)

みなさん、よいクリスマスをお過ごしでしたか?経済破綻から9ヶ月たったころから、アイスランドはベビーブームを迎えた、と何度かニュースになっていました。ちょっと算数の問題みたいな記事ですが・・・

Íslandsbanki銀行の分析調査部が今年の出産率はアイスランド史上最高になるだろうと報告している。

2009年の人口は昨年の同じ時期に比べ0.7%、2163人減少し、12月初旬に317,593人となった。

これは2004年から2008年まで毎年2.2%ずつ、つまり6000名ずつ人口が確実に増加していた以前に比べると大きな変化である。アイスランドの人口の減少の記録は100年以上前までさかのぼる。最後の顕著な人口減少は121年前の1888年、厳しい経済時期のため、北アメリカに数百人のアイスランド人が移民していったときのことである

最近の人口の減少は外国籍の移民が国を離れることに端を発している。3100人近くがアイスランドを離れたが、同じ時期アイスランド市民は936人増えている

入国するより国を離れるアイスランド市民が1949人以上も多かったことからすると、このアイスランド市民の増加は驚異的である。つまり、人口の自然増加(出生数が死亡数を上回ること)が人口増加の主たる要因である、ということである。

Photo

以前IcelandReviewで、レイキャビクの国立病院での出産が12月まで3500人前後になると報じていましたし、北の2300人のフーサビークという町で7月までに30人のベビーが誕生、しかも6月7月の出産数はそれまでの5ヶ月と同数だった、というベビーブームでした。

アイスランド人はとても働き者で(過去のために働いていると言う人もいるけど)、不況になって仕事が減って、ようやく家庭で過ごす時間が増えたようですね。親たちも子どもに目を配ることができるようになって、不況になるとなにかとマイナス要素ばかりが目に付くものですが、子供たちはとても精神的に安定してきているようです。

|
|

« 13人のサンタクロース(後編)そしてGleiðileg jól  | トップページ | Gleðilegt Nýtt Ár! (新年おめでとう!)しかしIcesaveが・・・ »

Icelandニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/32773340

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年歴史的出生率を記録(IcelandReview):

« 13人のサンタクロース(後編)そしてGleiðileg jól  | トップページ | Gleðilegt Nýtt Ár! (新年おめでとう!)しかしIcesaveが・・・ »