« 議会でのIcesave協定に群集が抗議!(IcelandReview) | トップページ | パフィンのオカリナ »

ノンニ~世界のこどもを夢中にさせたアイスランドの物語作家

ノンニことヨーン・スウェンソン(スウェインソンより修正)はアイスランド生まれの著名な童話作家です。

1870年留学のため13歳で海を渡り、デンマーク、ドイツを経由してフランスの修道院つきの学校で学び、神父となってドイツなどの学校で教鞭をとっていました。55歳から物語作家としての頭角を現し、当時その作品が世界40カ国の言葉に翻訳された人気童話作家でありました。

幼いころより冒険好きで、「アラビアン・ナイト」などを好んで読み、とくに9歳のときにシャルルボアの「世界歴史物語」を読んでからは、海外を旅する夢をいだくようになり、日本への憧れを募らせました。1937年、ついにノンニは80歳にしてその夢を果たしました。ノンニは日本の子どもたちが大好きになり、1年間の日本滞在中に50回以上の講演を行いました。

ノンニはその回想の中でこのように記しています。

「同じ時代に生きている人々に、生きる喜びを与えたいというのが、私の切実な願いでした。私の長い生涯を通して、私は確信するようになったのです、この時代にひろがっている魂の病いこそが、私たちの悲しみと勇気喪失のもとであることを。大多数の人が、運命の打撃にうちひしがれて あらゆる幸福と喜びと平和を失っています。このような悪に対して私は私の書物によって、単に少年少女のためばかりでなく、むしろより多くおとなのためにも戦い、また働きかけようとしたのです。---」

幼くして父を亡くし、母親の元を離れて留学しましたが、母親とは二度と会うことはありませんでした。そして愛する弟を病で失い、けして幸せいっぱいの人生ではなかったけれど、なにか、人の心の支えとなりたい、という思いがノンニを突き動かしていたのではないでしょうか。その著書の中には「ノンニはどのようにして幸福になったのか」という書物もあります。

歴史を越えて、時代の波と闘う私たちにも働きかけるものがあるのではないかと思い、すでに絶版となったノンニの本をたずねてみました。

先日ヨーン・スウェンソン(スウェインソンより修正)の貴重な童話の初版本(昭和12年)を入手しました。序<文はノンニと共に全国行脚をした物語口述師、岸辺福雄氏が書いています。Nonnibrothersadventure_4

以下はノンニが北アイスランドのアクレイリで過ごした家が、現在ノンニ博物館として開放されていますが、そのウェブサイトです。

http://www.nonni.is/

|
|

« 議会でのIcesave協定に群集が抗議!(IcelandReview) | トップページ | パフィンのオカリナ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/31008461

この記事へのトラックバック一覧です: ノンニ~世界のこどもを夢中にさせたアイスランドの物語作家:

« 議会でのIcesave協定に群集が抗議!(IcelandReview) | トップページ | パフィンのオカリナ »