« アイスランド人は他国より経済見通しが悲観的(IcelandReview) | トップページ | ノンニ~世界のこどもを夢中にさせたアイスランドの物語作家 »

議会でのIcesave協定に群集が抗議!(IcelandReview)

13日、推定3000名あまりが国会議事堂の前の広場に集まり、Iceseve協定の現在の状態での合意に反対し、議員たちに合意しないように反対した。
(30万人分の3000名は100分の1、日本だと120万規模のデモ行進になる!)

この抗議行動はthe Indefence group(?)という、イギリス政府が反テロリスト法規(anti-terrorism legislation)を使ってイギリスにあるアイスランドの資産を凍結したことへの反発して、「アイスランドはテロリストではない」というキャンペーンを初期に行っていたグループである。(そうなのだ。アイスランドは借金を踏み倒したという咎でテロ国家呼ばわりされたときが昨年から今年にかけてあった・・・)

「我々はこの集会に満足している、国が共に立ち上がることは大切だ」とオーラブル・エリーアソンというIndefenceのスポークスマンは、昨日のイベントは人々に団結するための集会とであると説明する。Indefenceグループは現在海外メディアの注意を引くように準備している。「この集会が大きいものになれば、海外の新聞が記事を書くし翻訳もしてくれると半分約束を取り付けている。」とエリーアソン。(アイスランド語なんてだれもわかってくれないから、とても重要)

昨日の抗議集会に参加者には、一部の国会議員や、前首相や前中央銀行総裁のデビッドオッドソンなどの著名な人たちもいた。

政府のIcelsaveの提案が昨夜、議会の経済税金委員会の会議のあとで否決されたとは考えられない。その提案には、イギリスとオランダからのアイスランドの預金者および投資家補償基金へのローンにたいする国家補償を含み、アイスランドがこれらの国のランズバンキIcesave口座(国有化して凍結してしまった口座)の保持者を補償することが出来るように(相殺する?)、という意図がある。

昨日委員会は5回の会議をおこない経済大臣のSteingrímur J. Sigfússonはそのメンバーと夜中に会議に参加した。反対する政党は、アイスランドが経済的成長がなければイギリスやオランダに支払いをしないことを合意する免責事項を含めることを求めている。
また年間の支払いは、政府が国内生産の成長率(GDP)の3.5パーセントとしているところを、2.2パーセントを限度とするように求めている。
首相は昨日、現在のIcesave協定の範囲に収めることが出来る免責事項で解決することを望んでいるが、反対勢力はみんなで新しい協定を作ろうじゃないか、と求めている。

http://www.icelandreview.com/icelandreview/daily_news/?cat_id=16567&ew_0_a_id=337787

経済関連ニュースは、私には難しくて、愛がなければ理解できませんので、興味のある方はぜひIcelandReviewをご確認ください。

|
|

« アイスランド人は他国より経済見通しが悲観的(IcelandReview) | トップページ | ノンニ~世界のこどもを夢中にさせたアイスランドの物語作家 »

Icelandニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173554/31003154

この記事へのトラックバック一覧です: 議会でのIcesave協定に群集が抗議!(IcelandReview):

« アイスランド人は他国より経済見通しが悲観的(IcelandReview) | トップページ | ノンニ~世界のこどもを夢中にさせたアイスランドの物語作家 »